第一印象、悪く思われるよりは良くなりたいですよね(^^)/

第一印象って顔だけで判断されるのでしょうか? 顔が悪いと終わり?

 

人が初対面時に誰かを判断する時、心理学的には「外見(服装・表情)」「態度」「話し方」「話の内容」の4つで判断されると言われる

初対面で好印象なのはどういう人ですか?という問いに対し、70%近くの人が「笑顔が多い人」と回答している

心理学者メラビアンによると、人は初対面の印象を視覚(見た目)55%、聴覚(声)38%、言葉(話す内容)7%の順に判断しているといいます。

 

■第一印象を良くするためのコツ: 外見編

清潔感のある服装とは、髪型からつめの先、靴や小物まで全体に端正で、

手入れがきちんとされている感じが必要です。

またTPOを意識することも重要です。

また、「赤い服」もしくは「赤い物」を身につけている男性に対して、「より魅力的」で「より社会的地位が高いように感じる」という結果が出ています。

色によっても、人に与える印象は変わります。

また後日ブログにてご紹介いたしますね。

 

■第一印象を良くするためのコツ: 会話編

相手の信頼を勝ち取る最善の方法は、まず相手にしゃべらせること。

相手は「自分が理解されている」ように感じるため驚くほどガードが下がります。

気をつけたいポイントは、相手の性別や年齢にかかわりなく常に丁寧な言葉遣いを心がけるということ。

相手が返してくれた内容については、あいづちを打ちように。

こちらが笑顔で話を聞いてくれるとわかれば、相手も話をしてくれます。

 

■第一印象を良くするためのコツ: 話の内容

できることなら事前に相手の趣味を探しましょう

共通点を探し出すことが大切です。

誰かと初めて話す時には相手が名乗ってくれるのを受け身で待つのではなく、自分から積極的に自己紹介するように心がけましょう。

「欲しいもの」「求めるもの」を無意識に考え口にするため、よく出てくるキーワードを見つけたらその話を広げてあげると良いです。

 

■第一印象を良くするためのコツ: 態度編

笑顔が一番大事!!

笑顔で、相手の話をちゃんと聞いている姿勢を見せれば、悪く思われることは少ないです。

相手の言葉を一度受け入れる姿勢を見せれば、相手は自分のことを話しやすくなる。

相手の話を受け入れ理解することが、本当の意味での「聞き上手」

趣味や好みが共通しているのと同じで、相手の話を気にかけているというサインを送れば、その相手に良い印象を与え、その印象を長続きさせることができます。

 

簡潔にいうと、

清潔感、笑顔が大事ということですね!

なかなか緊張して笑顔がぎこちなくても、きっと相手の話に耳を傾け、聞き上手になることで、そのうち緊張もほぐれて、自然と笑顔があふれてくるでしょう!

 

今からできることはまず、見た目を変えていくことから始めませんか?

髪型、服装、メイクなど、清潔感を出していくことが大切です。

岡山の美容情報なども配信しますので、また参考にしてください(^o^)丿